マキアレイベルは洗顔フォームや石鹸だけで落とすことはできないので、クレンジング剤を使わなくてはいけません。

けど、クレンジングをするときに正しい落とし方をしないと肌トラブルが起きる可能性があり、注意が必要です。正しい落とし方をお伝えしますね。

>>マキアレイベルの詳細はこちら

落とし方①アイメイク・口紅は先に落とす

まずは、マキアレイベルを塗った顔全体ではなく、マスカラやアイライナー、口紅などのポイントメイクを先に落としましょう。

落ちにくいメイクをしている場合、顔全体をクレンジングしてもメイクが残ってしまう可能性があります。

特にウォータープルーフのマスカラやアイライナーは、簡単に落とせませんよ。

しかし、ここでポイントメイクを完璧に落とす必要はありません!

ある程度のポイントメイクが落とせたら、マキアレイベルを塗った顔全体と一緒に落とせればOKです。

落とし方②適切な使用量を守る

クレンジング剤の量が少ないと肌への摩擦が大きくなってしまい、肌にかなり負担がかかります。

肌に負担がかかると肌トラブルを招いてしまう恐れがあるので、適切な使用量を守ることが大切です。

適切な使用量はクレンジングの種類、商品によって異なりますよ。

落とし方③やさしく、素早くなじませる

クレンジングをするときは、力を入れ過ぎないようにやさしくマキアレイベルをなじませて落としましょう。

マキアレイベルを落とすときに、力を入れ過ぎてしまうと肌に刺激を与えることになります。

肌に刺激を与えるとシミやシワなどの老化を呼び起こしてしまうので、気を付けてくださいね。

また、できるだけ時間をかけないで素早く落とすことも大切です。

クレンジングは肌にのせているだけでも肌に負担がかかるものなので、なるべく素早く落とすことを心掛けてください!

マキアレイベルを落とす時間は、「約1分間」が理想です。

落とし方④洗い流すときは、ぬるま湯で

クレンジング剤を洗い流すときに熱いお湯を使ってしまうと、肌にとって必要な皮脂まで落としてしまうことになり、肌が乾燥してしまいます。

せっかくマキアレイベルの美容成分によって肌が保湿されたのに、その効果が台無しに。

また、冷たい水で洗い流すのもNGです。

冷たい水だと毛穴がキュッと引き締まっていいのでは?と思っている人が多いですが、毛穴の中に入り込んだ汚れを落とすことができないんです。

それに、クレンジングが落としきれず肌に残ってしまう危険も。

必ず30度~32度くらいのぬるま湯でクレンジングを洗い流しましょうね。

落とし方⑤必ず夜に落とす

マキアレイベルには美容成分がたっぷり含まれており、肌を保湿して美肌へと導いてくれますが、落とさずに眠ってしまうのはダメです。

落とさずに眠ってしまうと、毛穴が詰まってニキビができたり、肌がくすんでしまったり、皮脂の過剰分泌で顔ダニが大量に繁殖してしまいます!

仕事で疲れて帰ってきたとき、お酒を飲み過ぎてシンドイときもあるでしょうが、美肌を保つためにも必ず落としてから寝るようにしましょうね。

どのタイプのクレンジングで落とすべき?

マキアレイベルはクリームタイプ、ジェルタイプ、リキッドタイプ、オイルタイプのクレンジングで落とすのがおすすめです。

クレンジングシートは肌への負担がもっとも大きいので、どうしても時間がないときにだけ使うようにしましょう。

オイルタイプとリキッドタイプは洗浄力が高く肌への負担も大きいですが、しっかりマキアレイベルを落とすことができますよ。

この2つのタイプを使うときは、なるべく肌に負担がかからないように「約1分間」で素早く落とすようにしましょうね。

マキアレイベルはどう落とせばいい?覚えておきたい5つの落とし方:まとめ

マキアレイベルは下記の5つの落とし方を心掛けて、しっかり落としましょう。

①アイメイク・口紅は先に落とす

②適切な使用量を守る

③やさしく、素早くなじませる

④洗い流すときは、ぬるま湯で

⑤必ず夜に落とす

肌が乾燥していたり、ニキビができていたりといった肌トラブルがある場合は、肌にやさしいクリームタイプやジェルタイプのクレンジングを使うといいですよ♪

>>マキアレイベルの詳細はこちら