マキアレイベルの口コミではカバー力が足りない、シミがちゃんとカバーされないといった評価の低いコメントを見かけることがあります。カバー力がないと、シミやシワなどを隠すことができないので困りますよね。

マキアレイベルのカバー力を上げる方法をお教えします。

カバー力がないと感じた人の口コミ

口コミ①
マキアレイベルには美容成分がファンデーション成分の半分以上配合されているため、肌をしっとりうるおわせてくれます。

しかし、カバー力がイマイチ。

これだけでは気になるシミを隠すことができないので、結局コンシーラーを使って隠しています。

保湿効果は気に入っていますが、カバー力が足りないのでリピートはしません。

口コミ②
マキアレイベルは肌に塗ると透明感が出て、肌がナチュラルにキレイに見えますが、汗をかくと全部落ちて汚くなります!

夏だと汚くなってしまうので、汗をかかない秋と冬にだけ使っています。

日焼け止めも入っているようなので、カバー力があれば夏も使いたかったです。

口コミ③
マキアレイベルをすぐ塗ったあとはキレイに毛穴を隠してくれますが、時間が経つとどんどん崩れてきてしまい、毛穴が目立ってきてしまいます。

皮脂が多いせいだとは思いますが、鼻がテカってドロドロに。

伸びもいいですし、なじませやすくて軽い付け心地なのは気に入りましたが、カバー力がないのが残念です。

カバー力を上げる方法①パフ・スポンジを使う

口コミでは、マキアレイベルのカバー力が足りず不満を感じている人が少なからずいるようですね。

マキアレイベルのカバー力を上げる方法があるので、メイク崩れが気になる人はぜひ試してみてください!

まず1つ目は、パフかスポンジを使う方法です。

指で塗るよりもヨレなくシミやシワ、毛穴をしっかりカバーできますよ。

【使い方】
①まず、パフ・スポンジにマキアレイベルをのせて、しっかり揉み込んでください。

②顔の内側から外側へ伸ばしていき、顔の中心は毛穴を埋め込むようにやさしくたたき込みましょう。

輪郭は薄く塗ると、よりナチュラルに仕上がります。

③気になるシミやシワ、毛穴は、パフ・スポンジにマキアレイベルを少しだけ足して、たたき塗りしてください。

小鼻部分はパフやスポンジの角を使うとしっかり塗れますよ。

カバー力を上げる方法②メイクブラシを使う

次は、メイクブラシを使う方法です。

メイクブラシを使えばツヤのある仕上がりになり、カバー力もぐっと上がりますよ。

【使い方】
①まず、マキアレイベルを小豆1粒大指にとって、頬、おでこ、鼻、あごに置いてください。

②メイクブラシを顔に垂直に当てて、頬とおでこは内側から外側にくるくると伸ばしていきましょう。

鼻は上下に、顎は左右に伸ばしてくださいね。

カバー力を上げる方法③メイク下地を使う

マキアレイベルを使う前にメイク下地を塗れば、キレイな状態をずっとキープできますよ。

けど、メイク下地の量が少なすぎるとムラになりやすくなりますし、逆に多すぎるとメイクが崩れやすくなってしまいます。

基本の量はパール粒大ですが、商品によって適量が異なる場合もありますよ。

メイク下地の選び方ですが、自分の肌質・目的に合ったものを選ぶのがポイント!

肌質・目的に合っていないメイク下地を使うと、メイクがヨレやすくなったり、マキアレイベルの密着が弱まってしまうので注意。

マキアレイベルはカバー力がない!?カバー力を上げる3つの方法:まとめ

マキアレイベルのカバー力が足りない、すぐにヨレてしまうという場合は、下記の3つの方法を試してみてください。

①パフ・スポンジを使う

②メイクブラシを使う

③メイク下地を使う

パフやスポンジ、メイクブラシは定期的にお手入れするようにしましょう!

お手入れせずにずっと使い続けると、キレイに仕上げることができないですし、肌荒れの原因にもなります。

パフ・スポンジは週に1回、メイクブラシは月に1回洗うようにするといいですよ。

メイクブラシは洗いすぎると傷んでしまうので、気を付けてくださいね。